ケープタウン in 南アフリカ ~雲とアミーゴ。天国のテーブルマウンテン~ 世界一周DAY25-1

世界一周

ハウアーユー?しげです。

前回はヨハネスブルグを市内観光した俺。

2019/07/28の今回はケープタウンへ飛んでテーブルマウンテンを登る話。

空港で事件発生

04:30 起床。今日のフライトは08:20発。

フライトは5日前の7/23に予約したLCCのSafair。599ZAR(4,787円)。やっす!

05:32 遅れないように空港へ。ウーバーで23km21分219ZAR(1,732円)。

05:55 ヨハネスブルグ空港到着。国内線なのでサクッと制限エリア内へ。

06:12 LCCだから今回はラウンジは使えない。プライオリティパスラウンジはやっぱりあった。プライオリティパス付帯カードがあると何かと助かりそう。

出発までカフェで時間を潰そ。PCを開くと以下メールが届いていた。

この度カードがご利用いただけなかったのは、弊社が導入しております「不正利用検知システム」が作動したためでございます。

三井住友カードの返信より抜粋

VISAが立て続けに使えなかったから昨日メールで問い合わせたのだ。

不正検知システム?どういうこと?クレカのWEB明細を確認すると。。。

やられた。10,000ZMW(84,436円)がザンビアでキャッシングされてる。

お前さんか。使えなくなった原因。おそらくATMでおろした時にスキミング。

利用明細を見たら、不正利用されているようです。記憶のないキャッシングが2,000ZMW3回、4,000ZMW1回されています。カードは手元にあるので、スキミングされた可能性が高いです。今後どのように対処すべきでしょうか。

しょんぼりおじさんの悲痛な叫びより抜粋

偽造カードによる不正利用と思われますので、カードの差替え等、ご相談させて頂きたいと存じます。

南アフリカに滞在中とのことですので、お手数ですが、ご連絡先のお電話番号、ご希望の日時をお知らせ頂きますようよろしくお願いしたします。弊社からご連絡致します。

もしくは、弊社紛失盗難デスクのコレクトコールナンバーにお掛け頂き、セキュリティーセンターに繋ぐようお申出頂きますようお願い致します。

南アフリカからは 0800-99-4603 になります。

三井住友カードの返信より抜粋

おじさんね、海外にいるから気軽に電話出来ないんだ。う〜んどうしよっかな。

とりあえずもうすぐフライト出発だから後で考えよ。

Safairでケープタウンへ

07:51 搭乗ゲートへ。

FlySafair Official Luggage Policy
FlySafair Official Luggage policy - all the details on sports equipment, musical equipment, heavy and extra bags.

LCCの気になる点は荷物。Safairの持込手荷物ポリシーは7kgまで一つと小さいの一つまで。

俺は当然預け入れはせずに全ての荷物を機内へ持ち込む。

オンラインチェックインしてたので、チェックインカウンターでは荷物チェックなし。

搭乗ゲートでチェックされるかと思ったけど特になし。

あまり大きい荷物じゃなければスルーする運用なのかも。

まあもしチェックされてもPCを取り出せば荷物は6kg台のはず。旅は身軽が一番。

08:03 機内。いわゆるLCCサイズの3列、3列。2時間程度のフライトだからこれで十分。

08:31 離陸直後の最恐都市。もう生きてる内に市内へ行くことは無いかもね。サヨナラ。

10:37 ケープタウン着陸。空港を出るとタクシーが声をかけてくる。

俺「ウーバーで行く」

タク「ウーバーいくらだ?」

俺「190ZAR」

タク「じゃあ俺も190ZARだ!」ドヤってくる。いや、ドヤるなら安くしろよ!

俺「どーせカード使えないでしょ?バイバイ」

そうしてタクは引き下がっていった。と思ったら大声で呼ばれるから振り向く。

タク「こいつならカード使えるぜ」仲間を連れてくる。

あーめんどくセー。でも190ZARならウーバーと同額。カードも使えるならいっかと了承。

タクシーに乗り、空港を出るとすぐガソリンスタンドに寄る運転手。

車降りる。ソッコー戻ってくる。「あ〜しまった。財布忘れた。ガソリン入れられない。」

メーターを指しつつ「もうすぐガス欠。現金が必要。運賃は現金で払って。」

は?何だこいつ。ゼッテー確信犯。おまけに財布ないから釣りもないだと。

俺は200ZARしかない。10ZARの釣りはどうすんだ?と聞くとATMでぴったりおろせと。

マジうざい。ATMいやだからカードなんだよ。てかこんな時にニヤニヤしてんじゃねえ!

でもここは殺人多発地域、南アフリカのケープタウン。あんま言うとドライバー豹変するかも。

ケープタウン最初から不愉快。誠に遺憾だが、グッと我慢。もう今後は絶対ウーバー乗る。

今日は何だかツイてない。ケープタウンは最悪のスタート。

11:11 車窓から見えるテーブルマウンテンだけが唯一怒りを鎮めてくれる。

11:28 安宿が多く集まるロングストリート到着。渋々お釣りを諦め200ZAR払う。

宿はAirbnbで直前に予約をリクエスト。まだ返信がないのでしばらく待つ。

※Airbnbは「予約、即確定」と「リクエスト後ホストがOKしたら確定」の2タイプある。

クレカ停止して緊急カード発行依頼

11:43 返信を待つ間、南アフリカンな壁の下にあるマックへ。

11:48 ダブルクオーターパウンダーチーズ。そりゃ美味いよ。81.6ZAR(641円)

今日は早くも色々あり、ちょっと疲れたからさ、飯選ぶのに頭使いたくないんだ。許して。

12:24 食った。Wi-Fi繋いでクレカの対応。俺が知ってる海外からの電話のかけ方は三つ。

  • ケータイからそのままかける(通話料は目をつぶる)
  • コレクトコール経由でケータイからかける(通話料無料)
  • スカイプで+1から始まる米国番号にかける(通話料無料)

俺の選択は3つ目。皆さん知ってるだろうか?スカイプなら米国の番号への通話は無料。

カードの紛失・盗難
カードの紛失・盗難のご報告はシンプル。あらゆる手段でVisaがサポートいたします。

VISAカードは発行会社(三井住友など)に関わらず上記 +1 303 967 1090 で対応してくれる。

最初、英語の自動音声だが、次に日本語が流れる。焦らずやれば日本語のオペレータにつながる。

不正利用された旨を伝えカードを停止してもらう。合わせて緊急カード発行依頼もする。

カードの紛失・盗難|クレジットカードの三井住友VISAカード
三井住友カードの紛失、盗難に気づいたら、すぐに三井住友カード紛失・盗難受付デスク(VJ紛失・盗難受付デスク)にご連絡ください。24時間・年中無休で受付します。

三井住友はゴールドカード以上だと無料で緊急カードを発行して届けてくれる。

ケープタウンの宿が未確定なので、後ほど住所を知らせることにし、20分ほどで電話を切る。

こいつはもはやただのプラスチックゴミ。

本日の宿 Oma’s home へ

13:03 Airbnb未返信。いつまでも待てないのでキャンセル。※リクエスト中はキャンセル無料。

南アフリカ・ケープタウンのホテル4510軒。
南アフリカ、ケープタウンのホテルをオンライン予約で大幅割引。お得な宿泊料金のお部屋を豊富にご用意。実際の宿泊客の評価を参考に一番お得なホテルをお選びいただけます。

代わりにBooking.comで予約。Airbnbみたいに人の家っぽい。近くだから歩く。

13:30 宿に到着。やっぱり人の家。ここも南アフリカ。外壁、鉄格子、内扉の3段階施錠。

少し早めだけど、急いで掃除してくれた俺の部屋。2泊で900ZAR(約6,450円)

14:06 VISAに住所伝える。ケープタウンにカード届くかメールくれるよう依頼して電話切る。

クレカも一旦片がついた。今日はテーブルマウンテンに行こう。

テーブルマウンテンの上への行き方は歩きとケーブルカーの2通りあるらしい。

行きは歩き、帰りはケーブルカーの人も多いようなので、俺も両方楽しむことにする。

14:47 ウーバーで登山道の入口へ。6km12分55ZAR(434円)

15:01 海、山、都市が一体化した美しい眺め。晴れてないのが悔しいです。

15:06 頂上は雲で覆われはっきり見えない。

テーブルマウンテン登山

15:07 さあ登山開始だ。通常、片道1時間半〜2時間ほどの道のりらしい。

そういえばどのブログも水必須って書いてた。買うの忘れた。まあ頂上で飲みゃいっか。

15:10 下りてく人にガンガン出くわす。登ってく人は全然いない。

皆上りはロープウェイで下りは徒歩ってこと?上り結構しんどいの?

15:11 雲の流れが速い。さっきまで隠れてた頂上が見えかけてる。

15:19 学生の大群が下ってく。学生よ。君らも下りだけかい?それとも上りも歩いたのかい?

15:21 ひたすら岩の階段が続く。一つ一つの段が高い。こりゃ結構足にくる。

15:24 分かれ道。見えづらいが左が「Upper Cable Station 2100m」と書いてある。

これから2100mもあんのかよ。と思いつつ頂上のケーブルカーを目指して左へ。

15:47 ここに来て更に急かよ。

15:56 結構登ったよ。

少し頂上見えてきた?そしてやっと登ってる人見かけたよ。

でもそのおじさん(紺色の上着)に軽々抜かされた。山の主か。

15:58 かなり暑くなってきた。ダウンもコートも脱ぎ捨てTシャツ一枚に。

気温は一桁台。寒いはずだけど暑い。アイスアンドファイア。

デザートでいうアイスクリームとクレープブリュレ。冷たいのと熱いのの組み合わせ。

16:09 霧が濃くなってきた。街並みもほぼ見えない。

16:18 おい!何がどうなってんだ?

16:26 おい!ここどこだ?

そしてホント暑い。水欲しい。水持って来なかったのマジ馬鹿だ。

16:37 ぬお?あれはもしや。

16:38 ムムっ。

頂上。雲とアミーゴ。ここは天国かい?

16:40 トップオブザマウンテン来たー!!!上り始めて1時間半。長かった〜

汗で髪もひげもTシャツもビチョビチョ。みんな本当に水持ってった方がいいよ。

にしても上だけ晴れてんのか〜い!

16:42 National Park と書いてある。頂上は国立公園になってるようだ。

16:43 眼下にはケープタウンの美しい街並み〜。

は見えないけどその代わり、一面の雲海〜。

国立公園内には先人の足跡が続く。OK。疲れは忘れて追っかけるぜ。

16:45 なんてこった。旦那、ここは天国かい?それともあの世ってとこに来ちまったのかい?

本当に誰もいないじゃないか。こんな絶景が広がってるのに皆何やってるんだい?

16:47 しばらくすると目線と同じ高さに見慣れたやつが現れる。

あいつは雲ってんだ。俺の友達、アミーゴさ。友と共にゆっくり頂上を歩く。

16:52 友の切れ間から山に囲まれた街が覗く。

16:58 そろそろ日没が近い。帰りのことを考えなきゃいけない。元来た道を戻る。

17:01 向こうにかすかに建物が見える。あれがきっとケーブルカーステーションだろう。

下りはあれに乗って帰ろう。疲れた〜。水も買おう。ビールも売ってるかな?

最後に

くそタクシー運転手にクレカ不正利用発覚。散々なスタートから始まった1日。

テーブルマウンテンの道のりは険しかったけど、頂上にはご褒美に天国が待っていた。

今回はここまで。

次回はケーブルカーで下りて街へ戻る。

ではまた!

※ユーチューブ版はこちら。

南アフリカで遭難しかけた話【ビジネスクラス世界一周#22】2019/07/28

チャンネル登録お願いします!

しげ旅
旅を愛する31歳しげの海外旅行専門チャンネル ・千葉県浦安市出身 ・慶應志木 ・慶應商学部 ・ITコンサル3年 ・旅行会社5年 ・2019年会社辞めて31か国渡航 ・2020年自宅待機 ・コロナ終息後欧州とカリブ海を制覇予定 ・35歳までに190カ国 ・45歳までに月 ・死ぬまでに火星 ・人生最後に食べたいのは寿司

コメント

タイトルとURLをコピーしました